本格キャンプ料理を体験できる空間 

Snow Peak Eat アミュプラザくまもと店

 JR「熊本」駅直結の駅ビル型大型複合商業施設「アミュプラザくまもと」の3階にある「Snow Peak Eat アミュプラザくまもと店」。キャンプブランド「Snow Peak」がこれまで大切にしてきた、自然のなかで味わうキャンプ料理のおいしさ。ここでは、各地で見つけた興味深い食材を、スキレットをはじめとしたギアで調理して、まるでキャンプ場のような空間で味わうことができる。

「本日の古来種野菜」
「本日の古来種野菜」

「Snow Peak」ではこれまで過食やフードロス、伝統的な食文化の消失などを社会問題と捉え、「Snow Peak Eat」もできる範囲で地産地消に取り組んでいる。「古来種野菜」もそのひとつ。昔ながらの農法で育てられる「古来種野菜」は一般的な野菜よりも旨味や苦味が濃い。こちらでは、その「古来種野菜」をシンプルに調理し、素材本来の地味深いおいしさを引き出している。

はずせないメニューの一つ「炭火で焼いたBBQ 串」
はずせないメニューの一つ「炭火で焼いたBBQ 串」

キャンプ料理、といえば「肉料理」ははずせない。中でも、キャンプ料理の定番として挙げられるのは「炭火で焼いたBBQ 串」だろう。大ぶりの肉と野菜を交互に串に刺し、炭火でじっくりと焼いた一品で、見た目からインパクト大。そのまま串ごとかぶりついても、仲間とシェアしながら楽しむのもいい。

スモークの香り漂う「BBQ スペアリブ」
スモークの香り漂う「BBQ スペアリブ」

また、国産ハーブ豚をダッチオーブンでじっくり2時間かけ燻製チップで蒸し焼きにした「BBQ スペアリブ」もおすすめだ。料理がテーブルにつく前からスモークの香りがあたりに漂い、肉はフォークで触れるとほろほろとほどけるほど柔らかい。そのまま食べるのも良し、BBQとマスタードの2種類のソースがついてくるので、味に変化をつけながらいただくのも良いだろう。

「セルフドリップコーヒー」
「セルフドリップコーヒー」

キャンプ、といえば「コーヒーを淹れる」のも醍醐味のひとつだろう。「Snow Peak Eat」では、オリジナルブレンドの「セルフドリップコーヒー(おかわり自由)」を提供。「Snow Peak」の代名詞・焚火台を小型にしたようなドリッパーに、お客さん自らがフィルターとコーヒー粉をセットして、セルフドリップするタイプで、このコーヒーを目当てに来店される方も多いという。

なお、毎月10日にはコーヒー講座(デザート付き)を開催。普段は店内中央にのみドリップ台があるが、この日だけは席にドリップ台をもっていき、コーヒー豆を挽くところから体験できる。

店内はアウトドア感満載
店内はアウトドア感満載

キャンプ、といえば「コーヒーを淹れる」のも醍醐味のひとつだろう。「Snow Peak Eat」では、オリジナルブレンドの「セルフドリップコーヒー(おかわり自由)」を提供。「Snow Peak」の代名詞とも言える焚き火台を小型にしたようなドリッパーに、客自らがフィルターとコーヒー粉をセットして、セルフドリップする。このコーヒーを目当てに来店する客も多いという。

なお、毎月10日にはコーヒー講座(デザート付き)を開催。普段は店内中央にのみドリップ台があるが、この日だけは席にドリップ台をもっていき、コーヒー豆を挽くところから体験できる。

Snow Peak Eat アミュプラザくまもと店
所在地:熊本県熊本市西区春日3-15-26   アミュプラザくまもと3F
電話番号:096-327-8295
営業時間:10:00-20:00
https://www.snowpeak.co.jp/

詳細地図

読み込み中